« さよなら、セスナ172 | トップページ | Happy New Year »

2017年F-1ワールドチャンピオンシリーズ終了

毎年、いろんなドラマを演出してくれるF-1ワールドチャンピオンシリーズが、11月25日の第20戦アブダビGPをもって終了しました。

今年は、フェラーリが最先良いスタートを切り、メルセデスベンツの4連覇を阻止するものと思われました。

ところが残念ながら途中で失速し、メルセデスベンツの4連覇となってしまいました。

また残念なニュースとして、マクラーレン・ホンダが3年間の努力もむなしくたもとを別ってしまいました。ホンダは、2018年はトロロッソにエンジン供給をします。そして2019年からはレッドブルへエンジン供給をするとの噂です。

勝たねばならないマクラーレン。カスタマー・エンジンでは勝てないと判断し、ホンダと手を握ったのですが、残念な結果となってしまいました。

来年のホンダの活躍を期待し、再来年のレッドブル・ホンダへと夢をつないでほしいものです。

|

« さよなら、セスナ172 | トップページ | Happy New Year »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さよなら、セスナ172 | トップページ | Happy New Year »