« リオ 2016 オリンピック 閉幕 | トップページ | A Happy New Year! »

2016年F1ワールドチャンピオンシリーズ終了

今年もいろいろなドラマを演出してくれたF1シーズンが終了しました。

チャンピオンはメルセデスAMGのニコ・ロズベルグ。同じチームのハミルトンばかりにマシン故障が生じ、栄光はロズベルグの手に。個人的にはロズベルグをチャンピオンにしてあげたいと思っていましたが、まさかこのような形でロズベルグに栄光が輝くとは思いませんでした。

期待のマクラーレン・ホンダは、昨年より進化したものの、メルセデスAMG、レッドブル、フェラーリには及ばずでした。

そんな今シーズンの余韻に浸っていたところ、ワールドチャンピオンに輝いたニコ・ロズベルグが突如引退を表明。ほとんど決まっていた2017年のF1シートに異変が生じてしまいました。アロンソやベッテルがメルセデスAMGへ移籍するのでは無いかと噂されています。来年は、大幅なレギュレーション変更があります。そんなF1界をまた面白くしてくれそうです。

|

« リオ 2016 オリンピック 閉幕 | トップページ | A Happy New Year! »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リオ 2016 オリンピック 閉幕 | トップページ | A Happy New Year! »