« 暑かったですねェ~ッ^^ | トップページ | MR-S キャンバー角調整 »

MR-S アライメント調整 Round 3

Mrsno1 MR-Sの3回目のアライメント計測&調整をしました。3回目と言っても毎回計測方法が違います(*^-^)。今回はレーザー方式。製作が難しいアダプターを作らなくても画像の通りの簡単なもので計測できます。画像はフロント・レフトのタイヤです。これでレーザーが右方向へ照射されますのでリア・タイヤ・センターの位置にプレートを立てておきレーザーの当たった位置を計測します。トレッド幅を活用し車両センターよりレーザー照射位置までの距離と、車両センターからレーザーの当たった位置までを計測し差を求めるわけです。それでレーザー照射位置よりレーザーが当たった位置が4mm長ければ、4mm/2450mm(ホイールベース)*587mm(フロント・タイヤ外径)=0.96mmトー・インとなるわけです。フロントは未だしもリアの調整にはこの方法が重宝します。ジャッキ・アップした状態でレーザーを照射しプレートにマーキングしておき調整カムのナットを緩めたり締めた場合にずれなかったか確認できます。私のMR-Sはナットを緩めただけで1mm程ずれましたね^^。また調整値もかなり細かくできます。タイヤ外径の約4倍の長さで計測するわけで、1mmトー調整するのに約4mmずらせばいいわけですから調整しやすいです。反対に1mmずらすと約0.25mmトーが変化しますからかなり細かく調整できます。前回イト張り方式にて調整しましたが、今回この方法で計測したら、かなり数値が違います(゚ー゚)。この計測方法でも誤差があると思いますが「イト張り方式に比べ精度は高い」と私は思い、今回はこの方法で計測&調整し、フロント・トータル・トー1.01mmのトーイン、リアー・右0.81mmのトーイン。リアー・左0.83mmのトーインとしました。若干出ていたワンダリングも気にならなくなりましたし、購入時に比べ見違えるように良くなりました。まだ轍に取られることはありますが、鼻歌交じりとまではいかないにしても、タバコを吸いながらの運転が楽に出来るようになりましたw。

このMr.K式アライメント計測方式、私は精度が高いと思ってますが真似をなされる場合は自己責任でお願いいたしますm(_ _)m。

|

« 暑かったですねェ~ッ^^ | トップページ | MR-S キャンバー角調整 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暑かったですねェ~ッ^^ | トップページ | MR-S キャンバー角調整 »