« アライメント計測&調整 | トップページ | MR-S アライメント調整 Round 2 »

MR-S アライメント再計測&調整

Mrsno2_3  MR-Sのアライメントを再計測し調整しました。フロント左側はなぜかしら-0.3°(内側へ寝ている状態)までしか調整できませんでした。「なんで?」でしたが、これは個体差かと・・・。購入しオリジナルのまま走っていた頃、高速道路走行時や轍にハンドルを取られて右側へ流される事がママあり、流されるのが右方向だけでした。オリジナルの時からずれていたのかと・・・。深く考えずに右-0.5°、左-0.3°のキャンバーでトータル・トーインを調整し1mmのトーインとしました。トーインは簡易計測方式でしたので誤差がありますが「当面これで良し」とし、リアもキャンバー角左右-1.8°(内側へ寝ている状態)、トータル・トーイン±0.0mmで「良し」としました。一応、基準内のアライメントとなったのでしばらく走行し、ナットの緩み等確認するときに再度調整したいと思います。リアのキャンバー角調整のためディーラーへ純正キャンバー角調整用ボルトを購入しに行きましたが「リア用の純正キャンバー調整用ボルトは無い」とのことでした。社外品のキャンバー角調整用ボルト(細い奴)を使用したくないので、KYBアブソーバー・ストラットの取付ボルト穴を少々削れば希望(標準角)のキャンバー角-1.3°ぐらいになるのではと・・・w。リミット内ですが、いくらなんでも-1.8°は寝過ぎではないかと思います。キャンバー角を再調整した後、再度トーインを調整し-2mmぐらいにしたいと思います。MR-Sのリア・タイヤは減りが早いので神経を使います。

今回、計測方法として簡易方式にてキャンバー&トーインを計測しましたが、次回までにショップさんがやられているコンピューター・アライメント計測程ではないにしろ、計測方式を簡易方式では無い方式を考案し確率たいと思います。

|

« アライメント計測&調整 | トップページ | MR-S アライメント調整 Round 2 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アライメント計測&調整 | トップページ | MR-S アライメント調整 Round 2 »