« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

My PC に Win7

Win7_3 ここのところ、MR-Sへの部品(ストラット・タワーバー、地デジ、フロントガラス投影スピード計、Camp2等)取り付けで忙しかったのですが、一応取付が完了したので、昨日Win7を購入してきました。

今日、幼馴染との同窓会コンペより帰宅後、早々インストールしてみました。Vista よりの Upgrade でインストールに2時間程掛かりましたが、何の問題もなくスンナリ終わり、順調に動いてます(゚ー゚)。Windowsメールが無くなったのにはビックリしましたが、Windows Live をインストールしました。Win 7 の第一印象は、動作にシットリ感がで、また動作も軽快になった印象です。

これから、使い込んでいくうちに何か問題が発生するかもしれませんが、まずは順調なスベリ出しですね^^。

| | コメント (0)

トヨタも撤退!

やっぱりトヨタも・・・。

ドライバー移籍のストーブ・リーグ真っ盛りに中に飛び込んできたトヨタF1撤退報道。昨年のホンダに続き、ブリヂストンが2010年一杯で撤退を表明した後、最後の日本参戦メーカーであるトヨタも11月4日に撤退を表明。今季最終戦であるアブダビGPのころから「来期参戦が役員会で決まっていないトヨタ!」と微妙な報道がされており「意味深だねェ~ッ」と思っていたところ、「ブリヂストンが2010年の契約切れとともに更新せず」と撤退を表明したところへのニュース。「なんとも・・・」の心境となりましたね。

自動車メーカーにとってF1は、技術開発の場であり企業宣伝の場。数百億円が必要とされるF1運営。運営資金もさることながら数年前からは「自動車メーカーでないと勝てないF1」となってきていたところへ、自動車メーカーが続々と撤退開始。ブリヂストンが撤退する理由は分からないでもありません。競争相手のいないタイヤの世界で技術の開発も進み、拡販地域であるヨーロッパへ企業名が十分に浸透。目的は達成できたのだと思います。トヨタの目的であった中国市場への拡大販売。「自動車レースに勝つ車=いい車」を狙いF1参戦。が、勝てないまま撤退。中国市場へは拡販が進んでおり、勝てないまま終わっても十分に目的は達成できたとの判断かと。ちまたの報道の通り「トヨタ 静かに撤退」ですね。

来年以降のF1を危惧する声さえも出始めています。F1ファンの一人である私にとっては、なんとも複雑な心境でね^^。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »